裏話どっとこむ

裏話どっとこむは、職に関する裏話を掲載しております。

裏話どっとこむ

MENU

資格なしの私が整体院で働いてわかった事まとめ|整体師の年収と給料事情

スポンサーリンク

f:id:ak6ark:20220322190624j:plain

 

地域によってはコンビニよりも多いと言われているリラクゼーションサロンや整体院だが、そこで働いている整体師や従業員はどんな経歴を持っているのだろう?整体師の給料や年収はどの程度なのだろう?

 

 

そこで今回は、そんな整体師というお仕事についてご紹介致したいと思います。気になるお金の話や人間関係、また時給と歩合などのお給料事情まで徹底的にご紹介したいと思います。それでは、さっそく見ていきましょう。

 

整体師として働くには

f:id:ak6ark:20220322190722j:plain

 

リラクゼーションサロンや整体院で働くには、フリーペーパーや店頭のスタッフ募集からご応募下さい。資格が必要と感じている人も多いと思いますが、従業員のほとんどは資格を持っていません。

 

え?マッサージ師の資格なくてもいいの?と思うでしょう。はい。いりません。なぜならリラクゼーションサロンや整体院は正式なマッサージではないからです。治療行為となるマッサージは国家資格(あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師など)が必要となりますが、このリラクゼーションサロンや整体院が行う「もみほぐし」は治療行為ではありません。リラクゼーションサロンや整体院は癒しや身体の改善の「お手伝い」という位置になっており、法律的に治療ではないので資格が無くても働けるという訳です。※もみほぐしにも民間資格はありますが、取得してなくても特に問題なく働くことができます。

 

経験者と未経験者の研修

ではそんな素人が本当にお客様を満足させられるのか?経験者と未経験者でどのような違いがあるでしょうか?これははっきり言ってサロンで違います。

 

経験者であれば多くのサロンで即戦力扱いになりますが、経験者であってもそのお店独自の手技などがあれば研修があり覚える必要があります。また中には他のサロンで覚えた技は使ってはいけないというサロンもある為、その場合は一から手技を覚える必要があります。

 

未経験だとまずは大体揉みほぐしの技術を覚える研修があり、覚えたら現場に出されます。そして空いた時間でその他のコースを覚える研修を受けるという流れになります。ほとんどのサロンがこの流れとなりますが、全てできるようになってからデビューになるサロンもあります。

 

整体師のやりがいと大変な事

やりがいはやはりお客様が喜んでくれた時に感じます。お客さんから「楽になったよ」などの声を掛けてもらえると素直に嬉しいです。また気に入ってもらえると指名と言う形で予約をもらえるので自信にもなりますし、数字にも表れるのでやる気が上がります。

 

ただやはり忙しいと体力的に辛くなりますし、指が痛くなります。これは働いたらわかる事なのですが、硬い背中のお客さんが続くとしんどいです。こういった事が原因で力加減や接客態度などでクレームが発生する事もありました。

 

整体師の給料事情「時給と歩合」

お給料が時給のサロンは割りと低く設定されている場合が多いです。と言うのもお客さんの数で売り上げは決まりますから、どうしても売り上げは波が出ます。なのでそのサロンがお給料として最低確実に払える金額が最初は設定されてると思ってください。これは勤務時間や指名数・雑務の早さなどの実績により上がっていきます。

 

歩合制のところでは業務委託契約がほとんどで、サロンによっては個人事業主になってもらうために開業届けを書くこともあります。歩合制もサロンによって違いますが、大体4割~7割がお給料として頂けます。(60分6000円前後で提供してるところは5割以下、60分3000円前後で提供してるところは5割以上が多いですね)

 

休みは大体シフトで決まっています。希に休みの日に指名のお客さんが予約を入れたいと頼まれることがありますが、希望休は取りやすいと思います。ただ土日は休みの取り合いになるのであまり土日は休めません。(中には休みの日に指名のお客さんを入れることをとことん禁止してるサロンもありますが)

 

整体院で働いてみてわかった事

f:id:ak6ark:20220322190843j:plain

 

時給の場合は最低賃金スタートもあり得る。歩合制だとお客さんを触れないと給料が出ない。時給の時感じたのは1時間6000円お客さんからもらい、自分のお給料は時給750円…暇なときは得ですが忙しい時は損でしかないです。歩合制ではお客さん来ないと焦りますが忙しい時は日給10,000円を越えることも可能です。

 

また雑務にも違いがあります。時給や固定給はほぐしてない時もお給料が発生しているためかなり雑務をやらされます。ひどい所だと事務員がいないので事務作業があります。お客さん来ないとほぐしている時間よりもパソコンいじる時間が多いときもありました。また暇なときはビラ配りなども積極的参加を求められます。

 

歩合制はほぐしていない時間はお給料が発生しないので雑務をやることは少ないです。タオルたたみや掃除など自分が使う道具や場所のことの雑務は時給と同じようにありますが、ビラ配りなどはあまり強制されることは少なかったです。それどころか、とんでもなく優しいサロンだと裏で寝てようがゲームしてようがご飯を食べようが自由というサロンもありました。

 

人間関係で言うと、サロンは職人気質の方が多いので正直コミュニケーションを取るのが大変です。特に歩合制は直接給料に反映するので、メンバー同士でお客さんの取り合いが発生します。中には他の人の指名のお客さんを自分の予約にするためにあえて自分の都合のいい時間に案内する人もいます。なので、歩合制はメンバーに恵まれないと中々昇給が厳しい環境になります。これは会社のルールにも問題がありますが…ただメンバーに恵まれると仕事も楽しく休憩時間なども極めて穏やかです。

 

まとめ

技術は一生と言われますが、その技術がお客さんに評価され指名になるかが大事な仕事です。とにかく指名にこだわれば将来開業や独立も見えてきます。お給料も指名が大事。腕とトークを必死に磨いた人が最高な地位になれます。いつまでも指名が取れずクレームも多いと役職おろかお給料も上がりません。

 

頑張っただけ評価され、指名数が数字にもはっきり出る仕事の為、負けず嫌いな人で努力家なら誰もがやりがいを感じられる職業だと思います。最初のお給料はかなり低めですが結果で上がります。一度挑戦してみてはいかがでしょうか。